忘れてました!シネマバトン・・・   

ふと気づいたのですが、以前シネマバトンを渡されて大切に
金庫(?)にしまっておいたらすっかり忘れてしまいました。
今日、気づいたので取り出しましたので、それでは公開します。

以前は、熊谷に映画館があり、そこの年会員になり2ヶ月に一度くらいの
割合でママと観に行っていましたが、最近はとんとご無沙汰している
気がしますが、それなりに観ています。


★過去一年間で、一番笑った映画

過去一年間にはコメディは観ていませんが・・

先日、ペさんの「4月の雪」を観に行ったのですが
その中で、カップラーメンを二人が食べるシーンがあり
ペさんが普通のサイズを食べていて女の人が1・5カップを
食べていたのは、ほほえましく笑えました。


★過去一年間で、一番泣いた映画

パッチギ!かな?
井筒和幸監督のラブ・ストーリーです。

ストーリーは1968年、京都。日本と朝鮮半島とのわだかまりが
色濃く残っている時代の日本の男子高校生と朝鮮学校の女子生徒の
恋物語。日本と在日朝鮮人の高校生が巻き起こす事件「喧嘩」を
今につながる問題として痛みをもって提示しながら、娯楽性と
社会性を融合させて、ラストでは号泣者続出と言う話題作です。
私は2,3回涙しました。「イムジン河」が全編に流れます。

★心の中の5つの映画

それでは数え歌(?)にのりながら紹介します♪

♪ひと~つ!人の世の生き血をすすり・・

「ロミオとジュリエット」です。今から30数年前に始めてのデートで見た映画です。
デートも感動的でしたが映画も良かったです。
あの映画館は今はありませんが・・革新館といいました。
あ~かわいいハッセーちゃん!
ちなみにその時のデートのお相手が・・・
b0032079_6375414.jpg


♪ふた~つ!不埒な悪行三昧・・
「ファイナルカウントダウン」

かつてないスケールと空前のミステリーが支配する映画史上最大のスペース・トリック戦争巨編!
原子力空母ニミッツvs零戦

世界最強の原子力空母ミニッツは未知の青白い稲妻と共に消滅した
そして1941年12月7日―零戦が飛来する真珠湾沖を航行していた―

一瞬の青白い稲妻の中に 歴史の逆転を見た―

♪みっつ!醜い浮世の悪を・・…桃太郎!
男はつらいよ。ぼくの伯父さん。

満男君といずみチャンの恋物語。いつもの寅さんが甥の恋の指南役。
これは笑えるし泣けます。

寅次郎の甥・満男は浪人中の身であり人生に悩んでいた。
そんな時、寅が柴又に帰ってきた。
息子の悩みに応えきれないさくらは・・・あとは映画で。

♪よっつ、よこちょにはげがある。
「西遊記」
これは私が小学生の頃、秩父に昭和館という映画館があり
初めて友達と観に行った映画のような気がします。
東映のマンガ映画で「総天然色映画」とあった気がします。
映画の中で沙悟浄が歌うでたらめの歌が今も脳裡に残っています。
「おれがつくった~でたれめのうた~
  だだるだ~るだ じょじょる~じょ~
   るだ~ るだ るだ~」みたいな歌です。

♪いつつ、いっぱい はげがある。
「スタンド バイ ミー」
これはみんな観た映画と思います。
映画もイイですが歌も好きでした。

★観たい映画

「三丁目の夕日」と言う映画が
公開されますがこれは観たい映画です。西岸良平原作のコミックの映画化です。

以上です。バトンは特にリレーしませんが面白いと
思われたら自由に書いてください。

(^^♪人気blogランキングへ参加しております
☆ここをクリックして下さい

by k-makotinn | 2005-10-21 00:08 | 日々の暮らし

<< 今井屋の「カツ丼」! 武術太極拳市民大会の結果! >>