みかえりの松   

彩の国は深谷市の17号と中山道沿いに江戸時代中期からある
「みかえりの松」が近く伐採される事になったと言うので、
先日、お別れに行ってきました。

・・と言う記事を書こうとしたら、今日は冬季オリンピックで
やっとメダルが取れたので、その事を書こうとも思いましたが
日本中が大騒ぎしていて、知らない人はいなそうなので
お祝いの言葉だけで失礼します。

「源さん、じゃなくって・・・、荒川静香さん(ゆみさんのパクリ)、
金メダルおめでとう。早起きして応援してたよ。」

話を戻しますが、なぜ伐採するかと言いますと・・・

「みかえりの松」はクロマツで推定樹齢300年。
江戸時代の松並木の名残りとされています。名の由来は
深谷宿の人情に触れた江戸への旅人が深谷宿を偲んで
振り返った事から呼ばれるようになったと言います。
(埼玉新聞より)

その由緒ある松は近年、全国的に広まっている松くい虫に侵され
”ひん死”の状態で、専門家の調査によると
幹は空洞化して、回復の見込みはなく、倒木の恐れがあるそうです。

老木でもあり、通学路のそばでもあり、残念ながら伐採する事に
なったそうです。今月の27日に・・・・・。

b0032079_011217.jpg

右が17号、左が昔からの交通手段、中仙道



(^^♪人気blogランキングへ参加しております
☆ここをクリックして下さい

by k-makotinn | 2006-02-25 00:12 | 日々の暮らし

<< さあ、交流会! 宝登山の蝋梅 >>