<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

寒い冬・・   

暖冬も味気ないが
寒い冬も辛いものがあります。

先日、冬ならではの風物詩
「尾の内渓谷の氷柱」を見てきました。

自然に凍ったものですが
水をまいて凍らせた「やらせ・・」でもあるので・・
幾分、迫力に欠けます。

見に行ったのが2週間前で、それから少し雪が
降ったので、今はもう少し迫力があるみたいです。

b0032079_22421169.jpg

b0032079_22431017.jpg

b0032079_22445669.jpg

b0032079_22532217.jpg

by k-makotinn | 2011-01-28 22:47 | 仕事の事

梵天丸もかくありたい   

梵天丸とは伊達政宗の幼少の時の名前です。

梵天丸と乳母の喜多が暗い寺の中で不動明王像の前に進んでいく。
梵天丸が像を見上げて、「これは化け物か」と喜多に問う。
喜多は「不動明王様でございます。
若様のお目を直してくださいますありがたい仏様でございます。」と答える。
喜多が「お参りいたしましょう」と促すと、
梵天丸は「仏様が何故このような恐ろしい顔をしておるのだ。」と問う。
「さあ、それは」と喜多が困って答えられずにいると、
突然後ろから「教えて進ぜよう」と声がかかる。
二人が振り向くと、虎哉禅師(こさいぜんじ)が子どもだからといって
容赦のない厳しい口調で説明する。
「恐ろしい顔をしているのは悪をこらしめるためじゃ。
不動明王は優しい仏様じゃ。そと見と異なり慈悲深い。篤と御覧じろ!」。
それを聞き、梵天丸はありありと不動明王像をみつめて言う。
「喜多、梵天丸もかくありたい」。そして目をつむり手を合わせる。

これは、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」の一場面で今でも覚えている台詞です。

先日、仙台に行ったので、「るーぷる仙台」という市内循環バスに乗り
仙台城跡に行き正宗公騎馬像を見てきました。
循環バスは20分間隔で市内15か所を1時間10分で一周します。
乗り降り自由な1日乗車券を600円で購入してスタート。
b0032079_23144472.jpg

b0032079_23163898.jpg


仙台駅から先ず瑞鳳殿前で下車して瑞鳳殿を見学。
瑞鳳殿は正宗公が70歳で生涯を閉じた翌年、公の遺命により
二代目忠宗公により建立された豪華絢爛な桃山建築だそうです。
b0032079_2318735.jpg

b0032079_232044100.jpg


さて、次は仙台城跡に行き、正宗公騎馬像にご対面。
仙台市内も一望でき、広瀬川も見えました。
b0032079_23242671.jpg

b0032079_23252577.jpg

b0032079_23254561.jpg

b0032079_23261160.jpg


その後、大崎八幡宮を参拝。
ここは楽天イーグルスが優勝を祈願してお参りするそうです。
今月末には星野監督以下全選手が優勝祈願に来るとか。
また、1月14日は全国最大規模のどんと祭りが行われるそうです。
たまたま今日は14日で、「はだか参り」も行われるとか・・。
b0032079_23325633.jpg

b0032079_23353099.jpg

b0032079_23372071.jpg

町のあちこちに裸参りの白装束の団体が歩いていました。
参加団体が約200あるとか・・・
口に咥えているのは私語を慎む為の「含み紙」だそうです。
b0032079_23402523.jpg

b0032079_23405836.jpg

あれ、きずきました?
女の子の写真ばかりって。そりゃ、男の裸よりキレイだし・・
でも、こんな写真もありますよ。
b0032079_235171.jpg


忙しい観光で冷えた体を仙台駅で牛タンカレーと生ビールで温めて、仙台にサヨナラしました。
b0032079_23415925.jpg

by k-makotinn | 2011-01-15 23:42 | 日々の暮らし

謹賀新年   

あけましておめでとうございます

年々思うことが、一年の早い事!
一日一日が駆け足で過ぎ去って行くように思えます。
というより明日が駆け足でやってくる・・かの如く。

ん・・?何かが「駆け足でやってくる」って歌があったような・・?
そうそう、「悲しみは駆け足でやってくる」って歌があったっけ。

脱線しましたが・・

更新も頻繁にするように心がけします・・ので
本年もよろしくお願いします

b0032079_23313333.jpg



悲しみは駆け足でやってくる


アン真理子 作詞
中川克彦 作曲


明日という字は明るい日と書くのね
あなたとわたしの明日は明るい日ね
それでもときどき悲しい日もあるけど
だけどそれは気にしないでね
二人は若い 小さな星さ
悲しい歌は知らない


若いという字は苦しい字に似てるわ
涙が出るのは若いというしるしね
それでもときどき楽しい日も来るけど
またいつかは涙をふくのね
二人は若い 小さな星さ
悲しい歌は知らない

by k-makotinn | 2011-01-03 23:30